smart-trip & simple-life

海外旅行の記録や経験の共有などを目的としています。これから海外旅行をする方の助けに少しでもなれれば嬉しいです。

グランドキャニオンの旅10(ラスベガスの街散策2)

●ナイトショー

ラスベガスはショー等のエンターテインメントが非常に充実しています。

無料でもそれなりに楽しめますし,有料で世界最高レベルのショーもいくつもあります。

今回はラスベガスで最も有名な「O(オー)」というシルクドゥソレイユのショーに行ってきました。

水をテーマとしてシルクドゥソレイユの幻想的な世界と壮大なファンタジーが圧倒的なアクロバットショーとして繰り広げられます。

舞台全体が巨大なプールになっていて,舞台装置も大がかりです。

講演時間:1時間30分

チケット代:14000円

これらの有名なショーは世界的に人気が高いので,予約しておく必要があります。

特に,ショーは前方と後方で迫力は全く違いますがやはり良い席から埋まっていくのでなるべく早めに予約しましょう。

チケット代は14000円と書いていますが,実際には繁忙期と閑散期を考慮して最適な価格になるように自動で調整されており毎日変動します。ちなみに,その価格自動設定の委託の手数料が14000円のうち3000円くらいを占めているという…。笑

また,席のグレード(前方か後方か)などでもそれぞれ値段が違います。Limited viewという場所は良いけど前に手すりがあって見にくいために安くなっている席もあります。自分たちはLimited viewで予約しました。たしかに若干見づらいですが満足できました。価格と見やすさは相関しているので,お財布と相談しながら席を選びましょう。

f:id:qualityup:20181220115721j:plain

入口はこんな感じです。予約時に送られるバウチャーを提示して入場します。
中では,映画館みたいなドリンクなどが売っている売店がありました。

講演は残念ながら撮影禁止です。

とにかく今まで見たショーで一番迫力がありました。

シュールなピエロの笑えるコント?みたいなものから炎や水を使った圧巻のパフォーマンスまで幅広くあり,どれも驚きの連続でした。

プールどうなっているんだ?と不思議になります。

実際,見ていて危険な技もあり命がけの演技だなと感じました。

チケット代は高いですが,せっかくラスベガスに来たならこの世界最高のショーは見ておく価値があると思います!

 

●夜景散策

夜のカジノ巡りをしてきました。ラスベガスはホテルごとにコンセプトが異なっており,ホテルそのものが観光名所であるといえます。もちろん,どのホテルもカジノがあり誰でも入れます

眠らない街と言われるだけあり,ストリップ街についてのみ言えば人がいっぱい歩いていてきらびやかで明るいので,深夜の1時や2時でも治安は悪くないと感じました。もちろん,どこのカジノも24時間営業しています。

f:id:qualityup:20181220121103j:plain

ラスベガスで最も有名なベラージオというホテルです。

オーもここで講演しています。ちなみに映画「オーシャンズ11」の舞台もこのホテルです。

噴水ショーは30分おきに開催されていて無料で鑑賞可能です。音楽も噴水も迫力がありずっと見てられます。音楽は回ごとに異なります。

f:id:qualityup:20181220122032j:plain

ラスベガスっぽい夜景。パリをコンセプトにしたホテルです。

これもベラージオのすぐそばです。

f:id:qualityup:20181220122159j:plain

バスで移動してルクソールホテルへ。

エジプトをコンセプトにしたピラミッド型のホテルです。

ホテル内部の構造がすごいです。ぜひ見に行ってみてください。

f:id:qualityup:20181220122752j:plain

徒歩でニューヨークニューヨークへ。(道中にもエクスカリバーホテル等があります)

これは名前の通りニューヨークをコンセプトにしたホテルです。

自由の女神やジェットコースターがあります。街中をジェットコースターで疾走するのは楽しそうですね。

f:id:qualityup:20181220123047j:plain

ホテル内部は街風でした。

f:id:qualityup:20181220123144j:plain

午前3時くらいにバスでサーカスサーカスに帰還。

カジノは楽しいので一瞬で時間(とお金)が溶けます。くたくたになりました。

今回は一部しか紹介していませんが,ホテルは他にもいっぱいあってどれも見ていておもしろいです。この街だけで世界旅行できるので良いですね。笑

次回はロサンゼルスです。

 

To be contenue…

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村